大阪北新地はおいしい飲食店が多いです。

大阪北新地といえば、東京の銀座と同様に、高級クラブが立ち並ぶイメージが強く、芸能人やお金持ちの男性が美しく洗練された女性たちの接客を受ける、華美で優雅な非日常的な印象を持っている方が多いようです。
 
しかし実際に北新地へ行ってみると、あまりのエリアの狭さに驚かれる方も多いようです。ただでさえ狭い大阪の中でも、北新地は更にこじんまりとした界隈で、イメージのような高級飲食店ばかりではなく、お手ごろ価格で庶民が楽しめるようなお店もたくさんあります。
 
イタリアンからステーキハウス、和食店からバーまで、幅広い飲食店が密集しているので、お気に入りのお店を見つけに足を運んでみるのも楽しいでしょう。また 続きを読む

大阪で快適な生活をするなら梅田

大阪の北の中心部といえば、梅田です。巨大ターミナルであるJR大阪駅に加え、京都や神戸、宝塚に向かう私鉄の駅があり、大阪市営地下鉄でミナミに行くことができます。
 
これだけ各方面から様々な路線が乗り入れていると、梅田周辺には様々な人が集まってきます。オフィスビルが建ち並ぶことで梅田にはビジネスマンが集まり、ホテルも数多くあるので大阪以外の地域からビジネスマンや観光客も訪れます。さらに大型商業施設や百貨店も集まっていますから、大阪市内からのほかに京都や神戸方面から買い物客が訪れているのです。仕事でもプライベートでも多くの人が集まるのが、大阪の梅田地域なのです。
続きを読む

大阪の道頓堀は賑わっています

道頓堀といえば、いまや大阪のミナミのシンボル的存在となっています。
メディアで取り上げられる大阪ミナミは、決まって、グリコの看板、かに道楽、松竹座が出てくるのが定番となっているほどです。
 
この道頓堀のネーミングは、歴史をさかのぼれば、慶長17年に、川を開削した安井道頓の名前に由来しています。
その後、幕府の都市開発計画が進み、道頓堀の南側に大阪中の芝居小屋が集結され、47軒もの水茶屋が許可されたのです。
でかすから、長きにわたり、日本の芝居の聖地として栄えました。
続きを読む

再開発され賑わいを取り戻している大阪の難波

大阪の北の玄関口が梅田なら、南の玄関口が難波です。
難波は大阪の二大繁華街のひとつであるミナミに近く、いつも多くの若者で賑わっています。
そんな難波は、梅田と比較して開発が遅れているといわれていました。
 
梅田には次々と大型商業施設がオープンして開発されていくのに対し、難波は賑わいを失っていく時期があったのです。
しかし近年では大型の商業施設がオープンをして、老舗百貨店も改装をしたことで勢いを取り戻しています。
交通アクセスについても、元々大阪府南部や東部、和歌山・奈良方面への私鉄が運行されていましたが、近年では梅田を経由せずに阪神間に行くことができるようになりました。もし引越し 大阪に住むことがあったらぜひ訪れてみてください。
続きを読む

大阪市は大阪府や近隣地域の住人にも影響を及ぼす巨大な街

規模が大きい大阪市が与える影響は、大阪府だけではありません。
 
近隣の兵庫県や京都府、奈良県など、関西に住んでいる人には、何らかの関わりがある街といえるでしょう。たとえば、大阪市内のあちこちにはオフィス街がいくつもあります。その大阪市内のオフィス街に通う人のほとんどは、大阪府内だけでなく関西の至る所から通勤しているはずです。
 
大阪市外から訪れるのは、通勤をする社会人だけではありません。買い物目的や大学などにも大阪市外から通学する学生はいますし、中学生や高校生でも大阪府以外から通う学生もいます。こうした遠距離の通勤や通学、買い物をする人が多いのは、一つは交通アクセスが良いことが挙げられるでしょう。
続きを読む